高分子と水・分離に関する研究会


Research Group on the Interaction between Polymer and Water and Separation Science
(更新日 :2011/11/28)
研究会主旨
 本研究会は,水が関与する高分子の物理化学的性質に関して幅広く取り扱う「高分子と水に関する研究会」と,高分子分離膜を中心にセンサー、分子認識、燃料電池などのトピックスを取り上げた「セパレーションサイエンス&テクノロジー(SST)研究会」とが平成15年4月に統合し,新たに発足した研究会である。従来の両研究会に共通に存在する"収着・拡散・透過"という基本概念を中心に,高分子と水・低分子物質の基礎科学から分離に関わる応用科学に至るまで発展的・総合的に考えることにより,これまでの活発でユニークな活動を継承している。
 いうまでもなく,水は生命活動のみならず,地球環境、資源・エネルギー問題においても深く関与している。今日,高分子材料は生活,医療,環境,情報,エネルギー分野で多岐にわたって使用されているが,特殊な環境を除いて常に湿度の影響を受ける宿命にある。したがって,高分子材料の性能・機能の向上のためには水の影響を常に考慮しなければならない。本研究会ではさらに,分離機能を有する高分子新素材の開発,その分離機能の解明などの研究分野に関心のある方々の情報交換,知識習得の場となることを目指している。民間企業や大学・公的研究機関に所属するメンバー,さらに学生の積極的な参加を期待している。


研究会運営委員長
永井 一清(明治大学理工学部)


研究会入会
入会申込書(PDF)に必要事項を記入し、FAXまたは郵便にて送付の上、ご送金ください。
入金確認をもちまして、入会とさせていただきます。


今年度の行事予定
第33回高分子と水・分離に関する研究会講座
日 程 : 平成23年6月27日(月) 9:55〜17:20
会 場 : 京都工芸繊維大学60周年記念館1F講義室
(会場が関西地区に変更になりました)
主 題 : 一日でわかる高分子と水・分離に関する基礎

第49回高分子と水に関する討論会(参加募集)
日 程 : 平成23年12月5日(月)
会 場 : 東工大蔵前会館 ロイアルブルーホール

11-1高分子と水・分離に関する研究会
日 程 : 平成24年3月15日(木)
会 場 :  旭硝子(株) AGCモノづくり研修センター 
主 題 :  リチウムイオン電池材料の現状課題と新展開


過去の行事
2010年度行事
2009年度行事
2008年度行事
2007年度行事
2006年度行事
2005年度行事
2004年度行事
2003年度行事


今年度の高分子と水・分離に関する研究会に戻る。
高分子学会トップページに戻る。