Research Group on Materials for PEFC
(更新日 :2012/4/24)
研究会主旨
 クリーンでエネルギー効率の高い燃料電池は、家庭用などの定置分散型コジェネレーションとして普及が始まっており、2015年の燃料電池自動車実用化に向けてますます活発な研究開発が行われております。 本研究会は、水素や液体燃料を用いる固体高分子形燃料電池、およびその周辺技術について、会員相互の情報交換と勉強会・研究会の提供を目的としています。 具体的には、高分子電解質膜や膜電極接合体(MEA)を中心に、電極触媒層、ガス拡散層、セパレータ、シール材などの構成材料について、新しい高分子材料の設計と創出、分子構造、相構造、界面構造などの構築と解析、ならびにシステム設計の発展に寄与することを目的とします。  実用的な視点も含めて将来の高分子材料に求められる性能・機能を各分野の専門家から解説、提示を受け、開発の指標を得る機会を提供するとともに、これらの技術を支えるナノレベルの分析・解析技術の最新動向などの情報提供を織り交ぜながら活動していきます。 研究会活動は、年に3回の研究会・講座において産業界の開発研究と大学や研究所の基礎研究の十分な議論交流を行います。さらに、ワークショップなどのより活発な会員交流も企画する予定です。  これらの分野に関心をお持ちの大学、官公庁、企業、学生の方々に是非ご入会いただき、今後ますます発展する燃料電池およびその構成材料の将来像について議論を行う場を提供いたします。


研究会運営委員長
宮武 健治(山梨大学クリーンエネルギー研究センター)


研究会入会
入会申込書(WORD)もしくは(PDF)に必要事項を記入し、FAXまたは郵便にて送付の上、ご送金ください。
入金確認をもちまして、入会とさせていただきます。


今年度の行事予定
12-1燃料電池材料研究会
日 程 : 平成24年6月15日(金) 13:00-17:10
会 場 : 化学会館 6F 会議室
主 題 : 燃料電池の計算科学的アプローチ
備 考 : (要)燃料電池材料研究会メンバー資格


12-2燃料電池材料研究会
日 程 : 平成24年12月開催予定
会 場 : 未定
主 題 : 設立10周年記念研究会
備 考 : (要)燃料電池材料研究会メンバー資格


過去の行事
                               
2011年度行事
2010年度行事
2009年度行事
2008年度行事
2007年度行事
2006年度行事
2005年度行事
2004年度行事
2003年度行事


このページのトップに戻る。
研究会のページに戻る。
ホーム(http://www.spsj.or.jp/)に戻る。