公益社団法人 高分子学会



Research Group on Materials for hydrogen and PEFC
(更新日 :2017/03/17)
研究会主旨
 本研究会は、燃料電池材料研究会として燃料電池技術のシステム・材料研究に関する情報発信と会員相互の情報交換を提供する場として10年前に発足し、平成28年度より水素技術も含め、水素・燃料電池材料研究会と名称変更しました。燃料電池はクリーンかつエネルギー効率の高い分散型発電デバイスであり、すでに家庭用燃料電池『ENE・FARM』が累計10万台以上販売され、平成26年12月には燃料電池自動車の販売も開始されました。燃料電池自動車の普及には、燃料電池の開発だけで無く、水素インフラの立ち上げも重要となり、システム全体で考える段階となっています。また、これからの本格普及に向けては、水素技術、燃料電池技術の両方において、さらなる性能・耐久性向上と低コスト化が重要となっており、革新的な材料技術なしには普及が望めない状況です。水素の変換・移動・貯蔵技術のための新しい材料、燃料電池技術としての量産プロセスに加えて、新規膜・触媒材料や膜電極接合体(MEA)等の技術開発、材料や技術開発を支える解析・評価手法の確立が必要であり、高分子科学の果たす役割に大きな期待が寄せられています。
 本研究会の活動として、年に3回の研究会・講座を通じてタイムリーな情報発信を行うと共に、産・官・学を交えた活発な議論を展開していきます。高分子の研究分野にとどまらず、学際領域を扱う研究会としても機能し、異分野との交流からより有意義で建設的な議論を行っていきたいと考えております。水素および燃料電池に関する研究をされている方やこれから研究される方、水素社会に向けた技術情報、水素・燃料電池を通じて環境・エネルギー分野に関心をお持ちの方のご参加をお待ちしております。


研究会運営委員長
山口 猛央(東京工業大学資源化学研究所)


研究会入会
入会申込書(WORD)もしくは(PDF)に必要事項を記入し、FAXまたは郵便にて送付の上、ご送金ください。
入金確認をもちまして、入会とさせていただきます。


2017年度の行事予定
17-1水素・燃料電池材料研究会
日 程 : 2017年6月16日(金) 13:00-17:10
会 場 : 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス
主 題 : 水素分離や精製、貯蔵材料・技術に関する研究
備 考 : (要)水素・燃料電池材料研究会メンバー資格

2017年度水素・燃料電池材料研究会講座
日 程 : 2017年10月23日(月)
会 場 : 東工大蔵前会館 ロイアルブルーホール
主 題 : 水素・燃料電池材料の最新動向
 ※ 台風の影響で講演開始時間を13:00からに変更いたしました。

17-2水素・燃料電池材料研究会
日 程 : 2018年1月1月19日 13:00-17:10
会 場 : 首都大東京秋葉原サテライトキャンパス
主 題 : 燃料電池自動車材料・システムの最新動向
備 考 : (要)水素・燃料電池材料研究会メンバー資格


過去の行事
                                        
2016年度行事
2015年度行事
2014年度行事
2013年度行事
2012年度行事
2011年度行事
2010年度行事
2009年度行事
2008年度行事
2007年度行事
2006年度行事
2005年度行事
2004年度行事
2003年度行事


公益社団法人 高分子学会

〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6階
Tel: 03-5540-3770 Fax: 03-5540-3737
E-Mail: kobunshi@spsj.or.jp

本ホームページ「main.spsj.or.jp」に掲載の記事・写真等の転載を禁じます。
すべての著作権は公益社団法人高分子学会に帰属します。