当日の発表と提出物について

すべての発表は、オンライン会議システム用いて、発表、質疑応答ともにリアルタイムで行います。
発表形式別に、決められた提出物を期限までに提出してください。
発表者はテスト期間を設けますので、必ずテストおよび発表練習を行ってください。

口頭発表および口頭英語発表について

使用システム

Cisco Webex Meetingsを用いて行います。
各会場ごとにオンライン会議を開設します。
Webex Meetingsについての詳細と使用可否については以下を参照してください。
 Cisco Webex
 https://www.webex.com/ja/index.html
 Webexヘルプセンター
 https://help.webex.com/ja-jp/
 Webexテストサイト
 https://help.webex.com/ja-jp/nti2f6w/Webex-Meetings-Join-a-Test-Meeting

発表方法

 Webex Meetingsに入室し、自分のPCに表示した発表資料を、オンライン会議室に入室した参加者に文書共有機能で見せる方法で発表します。発表、質疑応答ともに音声で行います。質疑応答は座長の指示にしたがって進行してください。

発表時間

 1件あたり15分(発表12分、質疑応答2分、交替1分)です。
 所定時間を超過しないようにしてください。
 研究発表、質疑応答が終了しない場合でも、所定時間を超過すると打ち切る場合があります。
 1鈴=発表終了3分前(9分経過)、2鈴=発表終了(12分経過)、3鈴=質疑応答終了(14分経過)にベルが鳴ります。

事前提出物

 1)予稿原稿のみです。

発表者マニュアル

 Webex Meetingsの仕様が頻繁に変更されるため、会期が近くなったら公開します。

試写(テスト)期間

 決定次第、公開します。

ポスター発表について

使用システム

Remoを用いて行います。
Remoについての詳細と使用可否については以下を参照してください。
 Remo
 https://remo.co/
 FAQs
 https://remo.co/frequently-asked-questions-japanese/
 Remo system check
 https://remo.co/mic-cam-test/

発表方法

 Remoで指定された自分の発表番号のテーブルに入ります。Whiteboard 機能で自分のポスター(発表資料)を張り付けます。同じテーブルについた聴講者に資料をみせながら音声で発表質疑応答を行います。
 ポスター(発表資料)は、A0版1枚にまとまる分の内容を準備してください。
 A0版1枚を掲載できるように縮小したものでも、小さく複数枚にわけて表示する形式でもどちらでも可とします。
 事前提出ポスターPDFファイルとの差異を認めます。事前提出ポスターPDFファイル(後述)に掲載していない情報を追加するのも可とします。ただし、同じグラフで値が異なる等の差替えがある場合は発表時にその旨を聴講者にわかるように告知してください。

発表時間

 ポスター(発表資料)の貼付時間は2時間です。
 開始時間から10分以内にポスター(発表資料)を張り付けて準備します。
 10分から65分まで、最初にポスター番号が奇数の発表者が55分間発表します。
 65分から120分まで、ポスター番号が偶数の発表者が55分間発表します。
 自分のプレゼンテーションタイムでない時間は、自分のテーブルにいる必要はありません。
 他の発表を聴講できます。
 聴講者はプレゼンテーションタイムでない発表でもポスターが張り付けられているので閲覧することが可能です。

事前提出物

 1)予稿原稿
 2)事前提出ポスターPDFファイル
 リアルタイムでのポスター発表が閲覧できなかった方への補助資料として事前にポスターPDFファイルを投稿していただきます。(ポスター賞審査員も参考にします)
  a) 会期中3日間のみ、参加者のみが閲覧可能とします
  b) A0サイズ1枚に収まる内容のPDFをA4サイズ1枚に縮小して投稿してもらいます
  c) ファイルサイズは5Mbyte以内を予定
    (状況によりもう少し大きいサイズが可能か検討します)
  d) 二次利用を避けるために印刷所で画像化を行います。
    このため解像度は下がる場合があります。
  e) 提出締切は5月17日(月)AM9:00を予定。後ろ倒しできないか検討中です。
    これ以前の提出をもとめることはありません。
  作成方法や提出方法は、準備が整い次第ホームページやメール等で発表者に案内します。

発表者マニュアル

 Remoの仕様が頻繁に変更されるため、会期が近くなったら公開します。

試写(テスト)期間

 決定次第、公開します。

発表資料にする注意事項

 発表内容の画像、資料録画(画面キャプチャ)、録音は利用規約で禁止しています。また会期中も禁止を強く呼びかけます。
 しかし技術的に防ぐことは不可能なので、リスクをご理解の上、資料の準備と発表をお願いいたします。

発表者の変更について

 当日のプレゼンテーションは、予稿原稿に記載のある発表者が行います。
 発表者(プレゼンテーションをする方)が変更になる場合は、原稿投稿締切までに確定の上、原稿投稿時に原稿の記載とWEBの入力を一致させてください。
 それ以降に発表者の変更はできませんが、やむをえずプレゼンテーション者が変更になる場合は、メールにて必ず連絡をしてください。
 原稿投稿締切日以降の変更や原稿とWEBの入力内容が異なる場合には、会場で掲示、Web予稿集で告知の上、後日HP等に掲載する等して、予稿集との相違を参加者にご案内します。

発表中止について

 当日のプレゼンテーションができない場合は、予稿原稿を提出していても発表中止となります。
 (ポスターの掲示だけ行って、プレゼンテーションをするものがいない場合も含む)
 中止が発生した場合は、メールにて必ず連絡をしてください。
 発表当日に中止が発生した場合は、各会場の会場責任者にも急いで中止を申し出てください。
 会場で掲示、Web予稿集で告知の上、後日HP等に掲載します。

▲ページトップに戻る