公益社団法人 高分子学会



Research Group of Ecological Materials
(更新日 :2018/06/20)
研究会主旨
 古来より人類は綿や絹などの生物由来高分子を,生活の中で利用してきました。近年,特に戦後以降の高分子工業の歴史は,石油化学工業とともに発展してきました。一方で,現在の高分子工業は,そのゴミ問題の解決,原料の脱化石資源化,あるいはプロセスの低炭素化など,様々な角度から,環境低負荷型産業への転換を模索しています。このような背景のもと,生物由来高分子が再び脚光を浴び,「バイオプラスチック」の研究開発が国内外で進められています。ここでいう「バイオプラスチック」とは,日本バイオプラスチック協会(JBPA)が定義する,生分解性プラスチック(グリーンプラ)およびバイオマスプラスチック(バイオマスプラ)を指しています。  エコマテリアル研究会では,エコマテリアルとしてのバイオプラスチックを高分子科学,材料科学,環境科学,バイオテクノロジーなどの広い視野から多面的に研究し,地球環境保全,資源有効利用と持続可能な循環型社会の構築に役立つ材料の創製を目標として活動しています。研究会は,JBPAの協力も得て,産官学が連携し,再生産可能資源からのモノマー合成,バイオプラスチックの開発,環境関連の機能性高分子の学術性の高い先端研究から最新の製品技術,さらには,これらの普及のための社会技術動向を含めた幅広いトピックを扱っています。  本研究会では、年3回の定例研究会を開催し、最新の研究動向を講演形式で紹介します。また、情報・交流促進の場として展示会、合宿形式の研究会などを含め、アクティブな活動を続けていく予定です。この分野に関心のある、多数の大学、企業、官公庁、学生の方々の積極的な参加を期待しています。


研究会運営委員長
粕谷 健一(群馬大学大学院理工学府分子科学部門)


研究会入会
エコマテリアル研究会ご入会について(必ずお読みください)
下記からご登録の上、運営会費をご送金ください。
※振込手数料は振込人にてご負担いただきますよう、お願いいたします。
○高分子学会個人会員の方     ⇒ 会員MyPage
○高分子学会と研究会同時入会の方 ⇒ 入会申込フォーム
○研究会のみ入会の方       ⇒ 研究会申込フォーム(非会員)
○法人メンバー ⇒ 研究会申込シート WORD PDF
■送金先
□郵便振替 00110-6-111688 公益社団法人 高分子学会
□みずほ銀行 銀座通支店 普通 1008986   公益社団法人 高分子学会
※請求書ご希望の場合は入会受付通知(メール)からお手続きできます。法人メンバーはシートの請求書希望にチェックをしてください。
※申込年度:4月〜翌年3月迄
※初年度の運営会費の支払いをもって入会手続き完了となり、翌年度以降は自動更新となります。
※当該年度の運営会費を年度末までにお支払いいただけない場合は、研究会メンバー資格を喪失しますのでご注意ください。


2018年度の行事予定
18-1エコマテリアル研究会
日 程 : 平成30年7月20日(金)13:00-17:00
会 場 : 東京大学生産技術研究所
主 題 : バイオベースマテリアルをつくろう・つかおう

                         
18-2エコマテリアル研究会
日 程 : 平成30年10月19日(金)13:00〜17:00
会 場: 群馬大学桐生キャンパス総合研究棟
主 題 : 生物がつくる多様なバイオポリマー

  
18-3エコマテリアル研究会
日 程 : 平成31年3月1日(金)13:00〜17:00
会 場 : 東京大学農学部
主 題 : 未定


過去の行事
                                                                               
2017年度行事
2016年度行事
2015年度行事
2014年度行事
2013年度行事
2012年度行事
2011年度行事
2010年度行事
2009年度行事
2008年度行事
2007年度行事
2006年度行事
2005年度行事
2004年度行事
2003年度行事


公益社団法人 高分子学会

〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6階
Tel: 03-5540-3770 Fax: 03-5540-3737
E-Mail: kobunshi@spsj.or.jp

本ホームページ「main.spsj.or.jp」に掲載の記事・写真等の転載を禁じます。
すべての著作権は公益社団法人高分子学会に帰属します。