公益社団法人 高分子学会



Research Group on Electrical and Electronic Properties of Polymer and Organics
(更新日 :2016/5/31)
研究会主旨
 有機デバイスは、今や有機ELが高効率・高精細フラットパネルディスプレイとして普及し始め、高効率面発光固体照明を担う次世代新技術としても、産学共に大きな関心を集めている。さらに、有機太陽電池は一部サンプル出荷が始まり、有機トランジスタは電子ペーパーへの応用や無線ICタグなど、幅広い応用が期待されている。特にエネルギーハーベストを含むエネルギー変換材料(熱電材料などや、進展著しい高分子系・有機ペロブスカイト太陽電池)の導光も目を離せない。
 有機エレクトロニクス研究会は、有機デバイスの材料科学、デバイス物理、製造プロセスに到る最先端の科学と技術について、産学、業種を超えた交流と勉強の場の提供を目的としている。特に、蛍光・リン光材料、TADF、有機ペロブスカイト材料、低バンドギャップ高分子材料、電荷注入・輸送材料の分子設計、電極、基板、画素形成(蒸着、インクジェット、グラビア印刷など)、封止、駆動方式、発光過程、輸送現象、光キャリア生成、界面などをキーワードに、有機デバイスの開発、製造プロセス、理論の相互フィードバックを図り、実用化に向けた問題点の整理と開発指針を探る共通の場としたい。
 研究会活動は、年に3回の研究会・講座を計画している。


研究会運営委員長
森 竜雄(愛知工業大学)


研究会入会
入会申込書(PDF)または(word)に必要事項を記入し、FAXまたは郵便にて送付の上、ご送金ください。
入金確認をもちまして、入会とさせていただきます。


今年度の行事予定
16-1有機エレクトロニクス研究会
日 程 : 平成28年7月7日(木)
会 場 : 化学会館7階ホール
主 題 : 有機薄膜トランジスタの最先端

16-2有機エレクトロニクス研究会
日 程 : 平成28年10月13日(木)
会 場 : 東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター 国際会議室
主 題 : エネルギー変換(仮)

2016年度有機エレクトロニクスシンポジウム
日 程 : 平成28年12月5日(月)
会 場 : 京都大学宇治キャンパス
主 題 : ペロブスカイト太陽電池(仮)

第6回有機エレクトロニクス研究会異業種交流会
日 程 : 平成29年3月9日(木)
会 場 : 上杉城址宛、伝国の杜


過去の行事
2015年度行事
2014年度行事
2013年度行事
2012年度行事
2011年度行事


公益社団法人 高分子学会

〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6階
Tel: 03-5540-3770 Fax: 03-5540-3737
E-Mail: kobunshi@spsj.or.jp

本ホームページ「main.spsj.or.jp」に掲載の記事・写真等の転載を禁じます。
すべての著作権は公益社団法人高分子学会に帰属します。