公益社団法人 高分子学会



Research Group on Supramolecules
(更新日 :2017/6/8)
研究会主旨
 物質・材料の機能は、多数の分子が集合・複合化した状態、すなわち広い意味での「超分子」を含む状態で発揮されます。分子やイオンの間に働く相互作用力は、分子認識、分離、接着、自己修復、触媒、エネルギー変換・貯蔵、情報記録のほか、先端医療や環境先進技術に関わる諸機能の源であり、中でも弱い相互作用力を扱う超分子の科学は、次世代技術開発の根幹を成す新物質創製の鍵を握っています。このような超分子が関与する分野を対象とする本研究会は、高分子金属錯体やポリイオンコンプレックスにおける弱い配位系の動的相互作用に着目して発足した「高分子錯体研究会」が、2006年に現在の名に変えて発展的に再出発した研究会です。学際的な研究者・技術者交流を目的としており、新しい材料開発を目指す企業の研究者・技術者にとっても極めて魅力的で価値ある研究会です。本研究会は、年に2回の「研究会」と1回の「講座」を行っています。「研究会」は将来の技術開発に役立つ学際的な基礎研究からホットな話題を選び、「講座」は主に企業からの講師による開発研究の実例を中心として、講演会形式で開催しています。また、超分子に関するトピックスのミニレビューや最新の研究動向を「アニュアルレビュー」として毎年会員の皆様にお届けしています。尚、本研究会は前身の高分子錯体研究会が初期からその運営に関わってきた「IUPAC高分子錯体国際会議(MMC)」を支援しています。


研究会運営委員長
小柳津 研一(早稲田大学 理工学術院)


研究会入会
下記入会申込書(PDF)に必要事項を記入し、FAXまたは郵便にて送付の上、ご送金ください。
入金確認をもちまして、入会とさせていただきます。

入会申込書(PDF) 入会申込書(word)


2017年度の行事
17-1超分子研究会
日 程 : 平成29年5月12日(金)
会 場 : 早稲田大学西早稲田キャンパス 55N号館1階大会議室
主 題 : 分子自己組織化が創る電子・エネルギーデバイス

第12回超分子研究会講座(仮)
日 程 : 平成28年12月8日(金)
会 場 : 早稲田大学西早稲田(理工)キャンパス 55 号館N 棟1F 大会議室
主 題 : 未定
  ※精密ネットワークポリマー研究会と合同委開催
17-2超分子研究会
日 程 : 平成30年1月19日(金)
会 場 : 早稲田大学西早稲田(理工)キャンパス62W号館 1階 大会議室
主 題 : 未定

超分子研究会アニュアルレビュー
3月発行


過去の行事
2016年度行事
2015年度行事
2014年度行事
2013年度行事
2012年度行事
2011年度行事
2010年度行事
2009年度行事
2008年度行事
2007年度行事
2006年度行事 高分子錯体研究会から改名
2005年度行事
2004年度行事
2003年度行事


公益社団法人 高分子学会

〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6階
Tel: 03-5540-3770 Fax: 03-5540-3737
E-Mail: kobunshi@spsj.or.jp

本ホームページ「main.spsj.or.jp」に掲載の記事・写真等の転載を禁じます。
すべての著作権は公益社団法人高分子学会に帰属します。