公益社団法人 高分子学会



Research Group on Polymer Surface and Interface
(更新日 :2017/03/17)
研究会主旨
 高分子は、現代社会における不可欠の材料としてエレクトロニクス、医薬・バイオなど、あらゆる分野で使用されている。高分子材料の設計・活用には、バルクの構造や物性の制御だけでなく、表面・界面の制御が重要である。例えば、表面ナノメーター領域の官能基組成は、接着・濡れを決定し、複合材料の性能を左右する。優れた表面の作製には、その物性や組成を「原子・分子」の言葉で表現する精確な計測と解釈が有用である。
 本研究会は、1983年度の発足以来、高分子材料の表面・界面のナノメーターからマイクロメーターの領域に重点を置いて活動を行っており、「表面・界面をつくる、みる、つかう」をキーワードに、アカデミアと産業界の緊密な連携によって運営している。年間行事として、表面・界面に関わる基礎的事項の系統的理解に重点を置く「講座」、最先端の重要テーマを捉えた「研究会」、各自の研究を紹介・議論する「討論会」を実施している。2016年度は、「講座」1回、「研究会」2回を企画しており、表面の創生・評価・アプリケーションの各専門家からの情報発信、相互交流を一層促進していきたいと考えている。種々の分野において表面・界面に関心を持つ諸賢のご参加を期待している。


研究会運営委員長
菊間 淳(旭化成)


研究会入会
入会申込書(WORD)もしくは(PDF)に必要事項を記入し、FAXまたは郵便にて送付の上、ご送金ください。
入金確認をもちまして、入会とさせていただきます。


2017年度の行事予定
第35回高分子表面研究会 基礎講座
日 程 : 平成29年6月30日(金)9:55-18:00 (交流会 16:40-18:00)
会 場 : 東京理科大学 森戸記念館 第1フォーラム
主 題 : 表面をつくる・みる・つかう


第17回高分子表面研究討論会
日 程 : 平成29年10月27日(金)
会 場 : 京都大学 化学研究所 大セミナー室


17-1高分子表面研究会
日 程 : 平成30年1月26日(金)
会 場 : 東京理科大学 森戸記念館 第1フォーラム
主 題 : 機能性表面の創出の最前線(仮)


過去の行事
                     
2016年度行事
2015年度行事
2014年度行事
2013年度行事
2012年度行事
2011年度行事
2010年度行事
2009年度行事
2008年度行事
2007年度行事
2006年度行事
2005年度行事
2004年度行事
2003年度行事


公益社団法人 高分子学会

〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6階
Tel: 03-5540-3770 Fax: 03-5540-3737
E-Mail: kobunshi@spsj.or.jp

本ホームページ「main.spsj.or.jp」に掲載の記事・写真等の転載を禁じます。
すべての著作権は公益社団法人高分子学会に帰属します。