公益社団法人 高分子学会



Research Group on Printing, Information, and Electronic Materials
(更新日 :2018/6/20)
研究会主旨
 本研究会は、1957年発足の「印刷・情報記録・表示研究会」と1991年発足の「光反応・電子用材料研究会」を母体として、情報・電子技術の発展と広がりに呼応しながら、新たな材料・プロセス技術に関する最先端技術開発、情報交換や研究交流を促進することを目的に、2017年に新たに発足しました。
 パターニング技術として古くから知られる「印刷」は、現在もなお新しい技術として改良が加えられ、簡便で低コストの有機エレクトロニクス製造等の発展を続けています。一方、「光反応」を利用したフォトリソグラフィーによる微細化は、サブテンナノ領域のレベルにまで進化し、電子機器の高性能化の原動力となっています。
 本研究会では、液晶ディスプレイ、有機EL、電子ペーパー、バッテリー、センサー、有機TFT、インクジェット、オンデマンド印刷、プリンテッドエレクトロニクス、3Dプリンティング、光・X線・電子線リソグラフィーやナノインプリントなどのキーワードを軸に、これらで構成されるデバイスも含めて扱っています。
言うまでもなく高分子材料の果たしてきた役割は大きく、レジスト材料、感光性材料、フォトニクス材料などの光機能材料、2次元や3次元の超微細構造や高集積実装を実現する電子機能材料、耐熱性や柔軟性、光学特性を付与したフイルム材料等、高分子材料が様々な分野で活躍しています。
 本研究会では、プロセス技術と併せて高分子の可能性が求められる幅広い分野を対象に活動を進めていきます。最新トピックスを取り上げる研究会(見学会含む)に加え、各分野の専門家による基礎講座(勉強会)や最新技術紹介や将来展望を解説する講座(講演会)を開催し、会員への学術や工学知識高揚の後押しを行うとともに、講師を含む会員相互の情報交流の場を提供しています。 この分野に関心を持たれる企業、大学、公的研究機関の研究者、技術者の皆様の入会と研究会活動への参加を歓迎いたします。


研究会運営委員長
板野 考史(JSR(株))


研究会入会
印刷・情報・電子用材料研究会ご入会について(必ずお読みください)
下記からご登録の上、運営会費をご送金ください。
※振込手数料は振込人にてご負担いただきますよう、お願いいたします。
○高分子学会個人会員の方     ⇒ 会員MyPage
○高分子学会と研究会同時入会の方 ⇒ 入会申込フォーム
○研究会のみ入会の方       ⇒ 研究会申込フォーム(非会員)
○法人メンバー ⇒ 研究会申込シート WORD PDF
■送金先
□郵便振替 00110-6-111688 公益社団法人 高分子学会
□みずほ銀行 銀座通支店 普通 1008986   公益社団法人 高分子学会
※請求書ご希望の場合は入会受付通知(メール)からお手続きできます。法人メンバーはシートの請求書希望にチェックをしてください。
※申込年度:4月〜翌年3月迄
※初年度の運営会費の支払いをもって入会手続き完了となり、翌年度以降は自動更新となります。
※当該年度の運営会費を年度末までにお支払いいただけない場合は、研究会メンバー資格を喪失しますのでご注意ください。


今年度の行事予定
18-1印刷・情報・電子用材料研究会(見学会)
日 程 : 平成30年5月22日(火)
会 場 : JSR株式会社 四日市工場(研修センター)

2018年度印刷・情報・電子用材料研究会基礎講座
日 程 : 平成30年7月13日(金)
会 場 : 産業技術総合研究所臨海副都心センター 別館11階 会議室1
主 題 : 基礎から学ぶエレクトロニクス材料とデバイス製膜技術

18-2印刷・情報・電子用材料研究会
日 程 : 平成30年9月25日(火)
会 場 : 東京理科大学 森戸記念館 第1フォーラム
主 題 : 光と印刷・情報・電子用材料

18-3印刷・情報・電子用材料研究会
(応物ナノインプリント研究会と合同)
日 程 : 平成30年11月26日(月)
会 場 : 産業技術総合研究所臨海副都心センター 別館11階 会議室1
主 題 : (仮)ナノインプリント 材料

2018年度印刷・情報・電子用材料研究会講座
日 程 : 平成30年12月17日(月)
会 場 : 東京理科大学 森戸記念館 第1フォーラム
主 題 : 未定


過去の行事
2017年度行事


公益社団法人 高分子学会

〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6階
Tel: 03-5540-3770 Fax: 03-5540-3737
E-Mail: kobunshi@spsj.or.jp

本ホームページ「main.spsj.or.jp」に掲載の記事・写真等の転載を禁じます。
すべての著作権は公益社団法人高分子学会に帰属します。