公益社団法人 高分子学会



Research Group on Supramolecules
(更新日 :2020/4/1)
研究会主旨
 超分子とは、複数の分子が水素結合や配位結合などの弱い相互作用によって秩序高く会合して形成される分子集合体です。構成分子単独では発揮できない機能が発現することも大きな特徴です。分子間やイオン間に働く相互作用を正しく理解し、それを自在にあやつる超分子化学は、近年、材料科学の分野においても急速な発展を遂げています。分子認識、分離、接着、自己修復、触媒、エネルギー変換・貯蔵、情報記録のほか、医療、環境にかかわる様々な領域で、分子化学と材料開発をつなぐ新しいプラットフォームになりました。本研究会は、高分子錯体研究会(1976年発足)を前身とした、歴史と伝統のある研究会です(2006年に改称)。超分子をキーワードに異分野の研究者と技術者が親しく交流できる場を提供しています。学術研究者のみならず企業研究者にとっても有益な最新情報が得られる「研究会」(年2回)と「講座」(年1回)を開催しています。各分野のエキスパートを講師として迎え、「研究会」では超分子の最新研究、「講座」では技術開発の動向や実例を紹介します。さらに、超分子の最先端をまとめた「アニュアルレビュー」を毎年刊行し、会員の皆様にお届けしています。また、本会はIUPAC高分子錯体国際会議(MMC)を支援・協賛しています。是非皆様の入会をお待ちしております。


研究会運営委員長
小松 晃之(中央大学 理工学部)


研究会入会
          
超分子研究会ご入会について(必ずお読みください)
下記からご登録の上、運営会費をご送金ください。
※振込手数料は振込人にてご負担いただきますよう、お願いいたします。
○高分子学会個人会員の方     ⇒ 会員MyPage
○高分子学会と研究会同時入会の方 ⇒ 入会申込フォーム
○研究会のみ入会の方       ⇒ 研究会申込フォーム(非会員)
○法人メンバー ⇒ 研究会申込シート WORD PDF
■送金先
□郵便振替 00110-6-111688 公益社団法人 高分子学会
□みずほ銀行 銀座通支店 普通 1008986   公益社団法人 高分子学会
※請求書ご希望の場合は入会受付通知(メール)からお手続きできます。法人メンバーはシートの請求書希望にチェックをしてください。
※申込年度:4月〜翌年3月迄
※初年度の運営会費の支払いをもって入会手続き完了となり、翌年度以降は自動更新となります。
※当該年度の運営会費を年度末までにお支払いいただけない場合は、研究会メンバー資格を喪失しますのでご注意ください。


2020年度の行事
20-1超分子研究会 (5月15日より開催延期した研究会)
日 程 : 2021年1月22日(金)
会 場 : オンライン開催
主 題 : 光で物性や機能が変化する材料

超分子研究会・精密ネットワークポリマー研究会
第4回合同講座(オンライン開催)

 
日 程 : 2020年11月13日(金)
会 場 : オンライン開催
主 題 : Network PolymersとSupramoleculesが織りなすSi系ポリマーの世界
 

超分子研究会アニュアルレビューNo.41
巻頭言  
西暦2020年  (中央大学)小松 晃之
レビュー  
1)多孔性金属錯体を鋳型とした1分子厚のビニル高分子薄膜の合成
  (東京大学)植村 卓史
2)アゾベンゼン液晶分子集合体の超高速構造変化の直接観測
  (筑波大学)羽田 真毅(東京大学)山口 大輔・加藤 隆史
3)TTF 縮環ケイ素フタロシアニンオリゴマーの外部刺激応答性配向制御
  (九州大学)古田 弘幸・清水 宗治
4)柱状分子ピラーアレーンに基づくチューブ構造の創成
  (京都大学)生越 友樹・加藤 研一
5)無機ナノシートを利用した生き物のようなソフトマテリアル
  (理化学研究所)佐野 航季
6)忘却能力を持つ動的記憶素子の構築
  (北海道大学)崔 昆朋・龔 剣萍
研究所紹介・イベント紹介
「きぼう」利用高品質タンパク質結晶生成実験の地上拠点
 (国研 宇宙航空研究開発機構 有人研究開発部門JAXA)木平 清人
研究会活動報告
1) 20-1 超分子研究会  (上智大学)竹岡 裕子
2) 超分子研究会・精密ネットワークポリマー研究会 第4回 合同講座
  (早稲田大学)小柳津 研一
編集後記  (理化学研究所)但馬 敬介




公益社団法人 高分子学会

〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6階
Tel: 03-5540-3770 Fax: 03-5540-3737

本ホームページ「main.spsj.or.jp」に掲載の記事・写真等の転載を禁じます。
すべての著作権は公益社団法人高分子学会に帰属します。